秋田・岩手の福祉用具のレンタル・販売、住宅改修はエコール秋田 - 秋田基準寝具株式会社

秋田基準寝具株式会社

お問い合わせ・資料請求

秋田018-862-4525 岩手0197-61-3303

【受付時間】9:00~17:00【定休日】日曜日

住宅改修

住宅改修サービス

高齢者や介護の必要な方が暮らしやすく、使いやすい家作りを目指して、「住宅改修サービス」を行っております。 住宅改修についてのお問い合わせは、お気軽に当社までお願いいたします。
※介護保険制度をご利用する場合には、こちらをご確認ください。

寝室・居間

出入り口の扉のつけ替えや、段差を解消して出入りしやすくします。

浴室

段差を無くしたり、手すりを付けることで、転倒の危険を少なくします。また、滑りにくい床材に変えることもできます。

●浴槽

浴槽の立ち上がりは低い半埋め込み型40~50㎝が目安。深さは50㎝程度。広さは110~135㎝の和洋折衷が理想的です。

●手すり

浴室に入る時、浴槽に出入りする時、浴槽内、それぞれの場合に、体を支えられる手すりを取り付けましょう。

トイレ

体が不自由になってくると、和式の便器より洋式の方が楽になります。手すりを付けることにより、安心して使用することが出来ます。

●手すり

便器の両側と出入り口に、片壁なら利腕側に、L字タイプのものが適しています。

●段差

床は平坦にし、建具の下枠の段差ももうけないようにしましょう。

●便器

便器は座れるタイプの洋式のもので、ウォシュレット式、保温機能等がついてるものならば、さらに望ましいでしょう。足踏み用ペダルを取り付けることで、手の不自由な方も自分で操作できます。

玄関

あがりかまちの段差を解消するために一部をスロープにしたり、踏み台を設置することにより、一段の差を小さくすることができます。また、手すりを設置することにより、より安全に出入りができます。

●椅子などを置く

しゃがむなどの動作が難しい場合は、靴を脱がしやすいように椅子を置きましょう。

●玄関の上り口

土間と上り口は平坦が理想的。段差を残す場合には、踏み台を置き、手すりを取り付けましょう。

●スロープを付けましょう

段差が解消できない場合は、スロープを付ける等、改善しましょう。

廊下階段

廊下・階段などの段差は、うっかり滑って転倒しやすい所だけに注意が必要です。スロープを取り付けたり、手すりを取り付けたり、車いすを使用する家族がいる場合は、車いすが通りやすい幅を確保することが大切です。

☆手すりの取付け☆

住宅改善告示第1号における「手すりの取付け」とは、廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に転倒予防若しくは移動又は移動動作に資することを目的として設置するものである。
手すりの形状は、二段式、縦付け、横付け等適切なものとする。なお、貸与告示1項に掲げる「手すり」に該当するものは除かれる。

☆段差の解消☆

住宅改修告示第2号に掲げる「段差の解消」とは、居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消するための住宅改修をいい、具体的には敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等が想定されるものである。
ただし、貸与告示第8項に掲げる「スロープ」又は購入告示第3項第5号に掲げる「浴室内のすのこ」を置くことによる段差の解消は除かれる。また、昇降機、リフト、段差解消機等動力により段差を解消する機器を設置する工事は除かれる。

☆滑り防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更☆

住宅改修告示第3号に掲げる「滑り防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更」とは具体的に、居室においては畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更が想定されるものである。

☆引き戸等への扉の取替え☆

住宅改修告示第4号に掲げる「引き戸等への扉の取替え」には、開き戸を引き戸折戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれる。
ただし、引き戸等への扉の取替えにあわせて自動ドアとした場合は、自動ドアの動力部分の設置はこれに含まれず、動力部分の費用相当額は、法に基づく保険給付の対象とならないものである。

☆洋式便器等への便器の取替え☆

住宅改修告示第5号に掲げる「洋式便器等への便器の取替え」としては、和式便器を洋式便器に取り替える場合が一般的に想定される。
ただし、購入告示第1項に掲げる「腰掛便座」の設置は除かれる。
また、和式便器から、暖房便座、洗浄機能が付加されている洋式便器の取替えは含まれるが、既に洋式便器である場合のこれらの機能等の付加は含まれない、さらに、非水洗和式便器から水洗洋式便器又は簡易水洗洋式便器に取り替える場合は、当該工事のうち水洗化又は簡易水洗化の部分は含まれず、その費用相当額は法に基づく保険給付の対象とならないものである。

☆その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修☆

その他住宅改修告示第1号から第5号までに掲げる住宅改修に付帯して必要となる住宅改修としては、それぞれ以下のものが考えられる。
1.手すりの取付け:手すりの取付けのための壁の下地補強
2.段差の解消:浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
3.床又は通路面の材料変更:床材変更のための下地の補強や根太の補強又は通路面尾の材料変更のための路盤の整備
4.引き戸等への扉の取替え、新設:扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
5.便器の取替え:便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗又は簡易水洗化に係るものを除く。)暖房便座、便器の取替えに伴う床材の変更

1.金額:20万円まで 2.期間:一生涯(例外もありますので、詳しくはお問い合わせください。)

サービスの流れ

住宅改修事例集

秋田県秋田市

通路の嵩上げ

住宅の中の蔵を通路(土間)が囲む造りになっており、一旦靴を履き、シルバーカーを押して歩行・移動していました。移動に時間がかかる上、不安定で危険でした。
通路を嵩上げして廊下にすることにより、段差がなくなり安全に移動できるようになりました。


Before


After

秋田県潟上市

浴室内手すりの取付け

足のしびれや力が入らない等の症状があり、一人住まいなので、入浴の際、常に転倒の不安があるとのことでした。
手すりを入口と浴槽に沿って取り付けたことにより、浴室の出入りや浴槽をまたぐ等の動作を一人で安定してできるようになりました。


Before


After

福祉用具に関するお問い合わせは

018-862-4525

0197-61-3303

【受付時間】9:00~17:00【定休日】日曜日

土曜日・祝日も営業しております。

メールでのお問い合わせはこちらから